特許調査に関するトピックやお知らせを無料でお届けします

特許調査実務に役立つ情報を無料でお届けするメールマガジン「特許情報を自由自在に!」を毎月1回配信いたします。初回配信は3月初旬を予定。

お気軽にご登録ください。

メールマガジン見本(創刊準備号)

IP調査塾のメールマガジン
 _________「特許情報を自由自在に!」_________
                 創刊準備号 Vol.0 (2020年2月吉日)
 本メルマガをお読みいただきありがとうございます。
 このメールマガジンでは、特許情報の活用に役立つトピックをお届けして
 いきます。
 
  ▽▽▽今回の内容 2020年2月吉日▽▽▽
 【1】開業のごあいさつ
 【2】特許検索講座 初級編「J-PlatPatを使ってみる その1」
 【3】お知らせ
 ―――――――――――――――――――――――――――――――
 【1】開業のごあいさつ
 ―――――――――――――――――――――――――――――――
 デザイン経営やIPランドスケープが注目され、経営戦略に特許情報を活
 かすニーズが高まってきました。特許情報を効果的に活用するためには、
 特許調査のスキルと、抽出した特許を使いやすくまとめるスキルが必要と
 されます。
 このような時代背景の中、私が持つ「特許情報を効率的に引っ張り出し、
 使いやすいように加工するスキル」をより多くの企業様にお役立ていただ
 きたく「特許情報活用コンサルティング事業」を立ち上げました。
 特許情報活用コンサルタントの松尾健司が、特許サーチャー30年の経験
 により得られた「調査モレ」が無く「不要なノイズ」が少ない特許検索式
 の立案と、抽出した関連特許を「層別体系化」したパテントマップの作成
 についてのノウハウを提供することで、日本のものづくり企業が特許情報
 を利用して企業価値を高めることに寄与します。
 30年以上の特許調査実務経験と特許情報サービス事業の拡大を成し遂げ
 た経験により得られたノウハウを提供しながら、特許サーチャーの一人ひ
 とりの異なる悩みに徹底的に寄り添いながら、特許調査のやり方について
 「気づき(研修)」そして「身につける(OJT)」まで徹底的にサポー
 トします。
                        株式会社IP調査塾
                            代表取締役
                             松尾 健司
 ―――――――――――――――――――――――――――――――
 【2】特許検索講座 初級編「J-PlatPatを使ってみる その1」
 ―――――――――――――――――――――――――――――――
 独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)より、無料で特許情報の
 検索ができる「J-PlatPat(特許情報プラットフォーム)」が提供されて
 います。
 https://www.j-platpat.inpit.go.jp/
 1999年から「特許電子図書館(IPDL)」として始まった無料の特許データ
 ベースは、2015年には「J-PlatPat」として生まれ変わり、さらに、2019
 年5月には、大きく機能改善がなされて検索操作のインタフェースも大き
 く変更されました。
 この講座では、特許調査の初歩について、実際に直面する特許調査事例と
 ともに解説していきます。
 ■その1 番号から調べる
 ▽▽▽ 図が入った解説記事はこちらです ▽▽▽  
 https://www.ip-searcher.co.jp/?post_type=kensakukouza&p=429 
 ★★★ 特許検索講座のバックナンバー ★★★
 https://www.ip-searcher.co.jp/?post_type=kensakukouza 

 ―――――――――――――――――――――――――――――――
 【3】お知らせ
 ―――――――――――――――――――――――――――――――
 ◇「特許検索事例研究会メルマガ」の準備を進めています。
  実際の特許出願審査における拒絶理由通知の引用文献の調査方法を題材
  にして、「出題編」と「解説編」とをメルマガ配信する「特許検索事例
  研究会メルマガ」の配信を準備しています。演習課題の出題と検索式立
  案ノウハウの解説とを交互に毎月お届けする予定です。
 
 ■□編集後記□■
 いよいよ東京オリンピックイヤー2020の年が始まり、夏にはどんなスポー
 ツドラマが見られるのか楽しみですね。
 バドミントンの桃田選手のケガや、サッカーU23男子のアジアの大会での
 敗戦など気になるニュースも入ってきました。
 4年に一度しかない、さらに、日本で行われる一生に一度しかない本番で
 最大限力を出し、参加選手の皆様には「やり切った」と感じられることを
 願いながら応援したいですね。

メールマガジンへのご登録


特許サーチャー育成に関するお悩み、お困りごとご相談ください。0584-76-7631受付時間 9:30-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ