サーチエイド
技術用語による特許分類索引(キャッチワードインデックス)

特許調査の基本はFIやFタームなどの特許分類を特定して検索を行うことだと思います。先日、特許分類を特定するテクニックについてのレジュメを作成していた際に、「技術用語による特許分類索引」を思い起こしました。1993年(平成 […]

続きを読む
話題の特許を検索
ドローン傘の特許を検索する

雨の日でも、手でさして持たなくてもよい「ドローン傘」のようなものが紹介されていました。 ・ドローン傘「フリーパラソル」 https://www.it-service.co.jp/freeparasol/about_fro […]

続きを読む
特許検索のミニ知識
失敗から学ぶ ④:特許分類指定検索で陥りやすい間違い

長年の特許調査実務経験の中で、「ヒヤリ」としたり、「やっちまった」という経験を何回かしながら、「2度と失敗はしない」との思いで特許調査の品質を高めてきました。恥ずかしくも、失敗事例を紹介しますので、同じ失敗を未然に防止し […]

続きを読む
特許検索のミニ知識
ビジネスモデル特許からIoTに至るビジネス関連発明の特許分類について

IoT(Internet of Things)関連技術の国際特許分類(IPC)である「G16Y」が、日本特許分類(FI)にも新設されました。G16YのIPCは2020年1月に新たに発効されましたが、FIについては2020 […]

続きを読む
特許検索のミニ知識
失敗から学ぶ ③:概念が重複していて絞り込めていない

長年の特許調査実務経験の中で、「ヒヤリ」としたり、「やっちまった」という経験を何回かしながら、「2度と失敗はしない」との思いで特許調査の品質を高めてきました。恥ずかしくも、失敗事例を紹介しますので、同じ失敗を未然に防止し […]

続きを読む
特許検索のミニ知識
特許調査の品質を担保する:多面度について

私たちサーチャーは質の高い特許調査を目指して、検索スキルを高め、担当分野の技術知識を充実させ、さらに、ITツールの高度な活用についての能力を高めることに努力しています。このような努力を、一人一人が、さらには得意分野ごとに […]

続きを読む
サーチエイド
類義語展開に役立つシソーラス

特許調査の基本はFIやFタームを特定して特許分類検索を行うことだと思いますが、「キーワード検索」を併用することも必要であると思います。 「キーワード検索」を実施する際に大切なのが、「いかに指定するキーワードの類義語を展開 […]

続きを読む
特許検索のミニ知識
失敗から学ぶ ②:ノイズを増やしてしまった類義語展開

長年の特許調査実務経験の中で、「ヒヤリ」としたり、「やっちまった」という経験を何回かしながら、「2度と失敗はしない」との思いで特許調査の品質を高めてきました。恥ずかしくも、失敗事例を紹介しますので、同じ失敗を未然に防止し […]

続きを読む
データベースについて
J-PlatPatの機能改善が行われました(2020年3月23日から)

特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)の機能改善が行われました。主な改善内容は意匠法改正に対応するものですが、特許検索にからむ内容としては以下の3点です。 複数公報の一括ダウンロード機能が追加された(一度に最大5 […]

続きを読む
サーチエイド
出願人指定検索に役立つ情報

特許調査を行う際に、「出願人指定検索」は日常的に行われていると思います。ライバル企業を指定したり、ベンチマーク製品の製造メーカーを指定したり、単純に依頼者から「A社について調べてほしい。」と要望されることもあるかと思いま […]

続きを読む
特許検索のミニ知識
失敗から学ぶ ①:日付指定検索でモレが発生したケース

長年の特許調査実務経験の中で、「ヒヤリ」としたり、「やっちまった」という経験を何回かしながら、「2度と失敗はしない」との思いで特許調査の品質を高めてきました。恥ずかしくも、失敗事例を紹介しますので、同じ失敗を未然に防止し […]

続きを読む
特許情報サービス業界
特許情報提供事業者リストに掲載されました

特許調査やパテントマップ作成を外部に委託する際に、委託先候補のリストアップはどのようにされているでしょうか? 特許庁のホームページの中に「知的財産権関連リンク集>特許情報提供事業者リスト」のコーナーがあります。データベー […]

続きを読む